女性

子宮筋腫の治療とは~女性のbodyお守り科~

摂取を怠らないことです

眼精疲労

妊婦におけるカルシウム摂取はとても大事な要素です。不足すると胎児の成長だけでなく、骨密度の低下等身体に悪影響が及びます。そのため、カルシウム食の講習や骨密度検査が今後幅広く行われることが予測できます。

詳しくはコチラ

女性特有の病気

女性ならではの病気である子宮筋腫の情報を集めているなら、こちらのサイトがおすすめです。原因や治療方法まで紹介しています。

たくさん栄養を摂るべき妊婦の食事をサポートするサプリはコチラ。普段では得られないミネラル分も適切に摂取できるのです。

症状と治療法

医者

子宮筋腫は良性の腫瘍で命に関わるものではありません。しかし気づかない場合も多く、子宮筋腫をそのまま放置していると10kg以上になることもあります。女性ホルモンの働きによって大きくなるので、閉経後には小さくなります。月経量の増加と月経痛が代表的な症状にあげられます。特に若年層では不妊の要因になったり流産しやすくなったりもします。一般的には診察と超音波で簡単に診察できますが、大きな子宮筋腫になるとMRIでの検査となることもあります。治療法としては手術と薬があります。手術では子宮を全摘してしまう方法と子宮筋腫のみを取る手術があります。薬では閉経状態にしてしまう治療法が行われます。しかしこの治療方では更年期のような症状が出ることもあるため半年しか治療できないという難点があります。

納得のできる治療法の洗濯

子宮筋腫の治療法で手術と薬を挙げましたが、特に若年層の今後妊娠を希望する女性にとって子宮の全摘手術というのはなかなか決断しにくい治療法です。ですが近年では初産年齢が30歳前後と高くなってきているため、妊娠前に子宮筋腫が見つかる女性も少なくありません。そのため子宮筋腫が見つかった時点で今後の妊娠を希望している女性は筋腫のみを取り除く手術を受けるか、またはピルによって女性ホルモンの働きを弱め筋腫の成長を抑制させることが多いようです。ただ筋腫のみを取り除く手術では小さい筋腫まで取り除くことができなかったり、筋腫を全て取り除けたとしてもまた再発してしまう可能性もあります。そのため妊娠したいと考える時期までピルを服用し筋腫の成長を抑え、手術で筋腫のみを取り除くといった治療法を選択する女性が増えています。

妊活中から必要な栄養素

医者

近年、妊婦に必要な栄養素として注目されている葉酸は、適量を摂取することで胎児の先天性奇形の減少や貧血予防等の効果があるといわれています。葉酸は、水溶性ビタミンのため調理の際に栄養素の約半分が失われてしまいます。葉酸不足を補うには葉酸サプリで効率的に摂取することをお勧めします。

詳しくはコチラ

まずは相談

女性

婦人科では、妊娠するための総合的なサポートを受けることが出来ます。女性にとって妊娠はとても大きなことなので、希望通りに元気な赤ちゃんが産めるように、婦人科に協力を仰ぎましょう。

詳しくはコチラ

イチオシリンク集

  • 医療法人オーク会

    赤ちゃんが授かりやすくなるようにサポートをしてくれます。体外受精は大阪の医院にお任せ。多くの人が通っている医院ですよ。
  • 葉酸サプリランキング

    葉酸サプリは不妊の悩みを抱える方にもオススメ。妊娠しやすい体を目指して、人気商品を利用してみませんか?