低位株・ボロ株について学ぶ

グラプ

低位株・ボロ株は、1株100円以下など、値段が安くなった銘柄のことを言います。
株価は基本的に企業業績と連動しますので、低くなっている銘柄はあまり業績が良くないことになります。

ただし全てがハイリスクになる銘柄と言うわけではありません。
ボロ株については倒産や上場廃止の可能性が比較的高くなります。
一部の成熟産業で見られる低位株については、今後の成長が見込めないことから株価が低いものの、PERやPBRなどからお買い得と判断できる銘柄が沢山あります。
相場は人気投票と表現されることがありますが、人気が無いと言う理由で株価が100円以下などに抑えられているのです。

そのため位置づけとしては低位株は投資、ボロ株は投機と考えると分かりやすいでしょう。
低位株は1売買単位当たりの金額が数万円に抑えられることから、少額で売買ができますし、分散投資が容易になることからリスク軽減にもつながります。
低位株については流動性も高く、その中でも出来高が大きい銘柄を選んでおけば売りたいときに売れないと言った事態に陥ることも基本的にありません。

投資家の中にはボロ株で利益を出すことを積極的に行っている人もいます。
低位株では急激な変動は考えにくいですが、ボロ株についてはちょっとしたきっかけで業績が改善したり、機関投資家などの買いが入ることがあります。
一時的な急騰を何度も繰り返す銘柄もあり、個人投資家が最も手に入れやすいテンバガーと言っても良いのかも知れません。
ただし多くは一時的な上昇ですが…。

ボロ株の中には株価が安いまま倒産に至るケースもしばしば見受けられます。
安さを見ると買いたくなるものですが、経営が怪しい会社であるかを見極めなければなりません。
将来立ち直るかを見る目が投資の成功を左右するのです。
単価の安さから多数の銘柄を少ない予算で買うことができますし、一つの銘柄がテンバガーになれば他で損をしてもトータルで利益が出るのです。

いずれにせよ、目下の勢いが無い会社であることには変わりませんので、ポートフォリオの中であまり割合を大きくし過ぎることはおすすめできません。
上手にリスク軽減に利用したいものです。

初心者は低位株・ボロ株には手を出さない方が良い

初心者の方はどの銘柄に投資をするかに迷うところですが、時価総額や出来高の大きい低位株以外は手を出さない方が良いかも知れません。
安さを重視するのではなく、ファンダメンタルやテクニカルを問わず利益を出す自分なりの根拠があることを重視してほしいものです。
その積み重ねが投資家としての成長になるのですから。

特にボロ株の場合は極端なものでは既にマネーゲームが始まっている銘柄があります。
1株が10円などになり、デイトレーダーが1円の利益を出すために狙いを定めています。
1円と言っても大量に購入していますので、取引が成功した際には多額の利益がデイトレーダーにもたらされます。

ではどうやって1円の値上がりを確保するのでしょうか?それはボロ株を買いに来た初心者が購入することで株価が少しでも上昇することを考えているのです。
結局のところ、初心者にとってはタイミングの問題でしかなく、根拠を持って利益を出すことはできません。
たまたまデイトレーダーと同時に、上手い時期に買えていることを祈るしかないのです。

株式投資を始めて間もない時期なのですから、敢えて投機に走る意味はありません。
ギャンブルではない、投資と考えるには経営状態が怪しいことや流動性の低さが問題になります。
リスク軽減を考えるのであれば出来高や時価総額の大きい一部の低位株だけでその役割を果たせるはずです。

もしボロ株を購入したいのであれば、あくまでも余裕資金で行うようにしましょう。
1株10円以下であれば、1000株購入しても1万円以下です。運がよければ短期間で倍以上になるかもしれません。
殆どは失敗しますので、宝くじのような感覚で購入するのが良いのではないでしょうか?

関連記事