• ホーム
  • 証券会社とネット証券ならどちらがいい?

証券会社とネット証券ならどちらがいい?

証券会社には店舗営業をしている総合証券と、ネットでのオンライン取引ですべてが行えるネット証券の二種類があります。
総合証券は顧客に対して担当者が個別にサポートをしてくれ、どのような商品があって何を購入すればいいかのアドバイスを受けることができます。
一方、ネット証券は対面でないためにそういったサポートは受けにくい環境ですが、しかしサポートにも力を入れているネット証券もあり、その面でも総合証券と遜色はなくなってきています。

ネット証券の大きなメリットは、オンラインで取引が完了するため取引手数料が総合証券に比べてかなり安いということです。
手数料の意識は投資をするにあたって非常に大切で、手数料が高ければ投資で利益が出ても手数料によって利益が減ってしまう場合があります。
株の取引に関しては、取引が一回ごとに手数料がかかっていくタイプと、一日の合計取引数に手数料がかかる定額制のタイプがあります。
デイトレードのように一日に何度も取引をする場合は、後者の定額制の方が手数料を安くできるので便利です。
手数料の安さを重視する場合にネット証券はメリットが大きいですし、自分の目的や条件に合った証券会社を選ぶことが大切です。

ネット証券のもう一つのメリットとしては、パソコンやスマートフォンを使っての取引になるため、店舗に足を運ぶ必要がなく取引が簡単にできるという点です。
思いついた時にすぐに売買することも可能で、時間の限られた人にとっても自分のライフスタイルに合わせて取引をすることができます。
スマートフォンを使えば外にいても取引をすることができ、またリアルタイムの株価の動きをすぐに調べることもできます。
ネット証券各社は様々な情報ツールを提供しており、またネットの強みを活かしてメールマガジンの形で毎日の株価情報や今後の株価予想を無料で顧客に配信している会社もあります。
ネット証券の場合はネット上で完結する取引になるため、総合証券のように個別にアドバイスをもらいにくい状況にありますが、逆に言えば自分で手数料の安い商品を調べ、自分なりの取引を実現してこともできます。

全ての証券会社が外国株を取り扱っているわけではない

国内株に関してはすべての証券会社が対応しており顧客は取引を行うことができますが、国内株以外の外国株に関しては、取り扱っている証券会社と扱っていない証券会社があります。
米国株や中国株や新興国株などの購入を視野に入れている人は、すべての証券会社が外国株を取り扱っているわけではないことに注意して、外国株を扱っている証券会社に申し込む必要があるでしょう。

また、外国株を扱っている場合もその保有銘柄数について違いがあり、できるだけ多くの銘柄数から選びたい人の場合は、それが多い証券会社を選ぶことが必要になります。
ネット証券であれ総合証券であれ、自分自身が購入しようとしている取引商品があるかどうかを調べることはとても重要です。
そしてその取引商品があっても手数料は各証券会社によって違いがありますから、それも踏まえた上で使いやすさとコストのバランスがとれた証券会社を選ぶことが大切でしょう。
その他、各証券会社のサービス内容を比較することが証券会社選びにとって重要なポイントであり、同じネット証券でもそれぞれによってサービスに独自性を出しているものがあります。

例えば、あるネット証券では夜間取引ができるとか、別のネット証券では銀行との提携で入金が自動に行われポイントもつくなどのサービスがあります。
夜間取引ができれば日中は会社で仕事をしている人でも問題なく取引ができますし、ポイントがつく場合は取引すればそれだけポイントも貯まるだけに得なサービスと言えるでしょう。
また、各証券会社が提供している株価予想や経済状況などの情報は無料であっても充実したものが多く、それらを読むこともまた証券会社に口座を開くメリットとも言えるでしょう。

関連記事