• ホーム
  • 貴金属の資産的価値は無くならない?買取で運用はあり?

貴金属の資産的価値は無くならない?買取で運用はあり?

身につければ自分を美しく演出してくれるジュエリーの数々。
オシャレに関心があるなら、いくつかのジュエリーを持っているでしょう。
使わなくなったものや、古くて流行遅れになったブランド品などはどうしていますか。
ジュエリーのなかには金や銀、プラチナなどの貴金属が含まれていることがあります。

実はこうしたジュエリーは立派な財産です。
ジュエリーは価格に上下はありますが、人類の歴史が始まって以来、大切な資産として運用されてきました。
そのため、資産運用に貴金属を利用するのは安心な資産運用の一つでもあるのです。
今回はそんなジュエリーの買取のメリットや資産運用の方法などをまとめます。

まずは貴金属はどうして資産として通用するのか説明しましょう。
金や銀などは地球上に大量に埋蔵されていますが、埋蔵にも限りがあります。
また、貴金属の多くは採掘するのが難しい場所ばかりにあり、せっかく金が眠っている場所が分かっていても採掘コストがかかるため、それだったら今ある貴金属を利用しようという動きになっています。
こうした理由により金やダイヤモンドなどは高値で取引されていて、買取や投資の利用も活発です。

日本では近年の円安傾向によって、円の価値がだんだんと下がり、貯蓄として円を持ち続けることのメリットは薄まっています。
金の価格が史上最高額を記録したことの追い風もあり、ダイヤモンドやプラチナなどの金属の価値も注目されています。
こうした背景から希少価値の高い貴金属はニーズが高まっているのです。

貴金属がなぜ注目されているのか、これで分かったと思います。
次に買取の方法を説明しましょう。
まずは使わない貴金属を集めて、それを貴金属を買取る業者に出してリサイクルすることをおすすめします。
これにより、お金を得られてそのお金で新しいジュエリーが購入できます。
やはり手元に置いておきたいのは気に入ったデザインのものでしょう。
リサイクルすることで新しいデザインのジュエリーを手にできます。

貴金属を売却したり買取したりできるのは、大きく分けて3つの場所があります。
一つは質屋さんやリサイクルショップです。
ここでは貴金属をお店が購入すると、そのまま他の人に売却されます。
売却価格や買取価格は貴金属それ自体の価値に加えて、ブランドや流行、デザインの人気などにより価格が上下することが特徴です。
リサイクルショップに持ち込んだ場合はスタッフに鑑定できるものがいなければ相場よりも低くなってしまうこともあることに注意しましょう。

次に金買取業者があります。
最近、街で見かけることも増えてきた業者で、ここには専門のスタッフがいることが強みです。
ただ、業者によって買取価格は上下することもあるので、いくつかの見積もりを出してもらうといいでしょう。
また、買取価格のなかに手数料が含まれているところもあります。

最後にジュエリーショップのような貴金属店に持ち込む方法もあります。
ここは買取だけでなくジュエリーをリフォームしたり新しいものを購入したりできることがメリットです。
お金を受け取るときも、現金で受け取る方法もあれば、新しい宝石の代金に充てたり、リフォーム費用に充てたりすることもできて、さすがジュエリー専門店といった感じです。

最後に注意点として古くなったジュエリーは溶かしてしまって買取に出そうと考える人もいますが、実は溶かしたら宝石として使えないものもあります。
それがプラチナと金などです。
その場合はやはり専門のスタッフに一度相談しておくと安心でしょう。
溶かして使えないものでも価値はあるので買い取ってもらえることがあります。
何事もまずは事前に相談しておくと、買取はスムーズに行なえます。

関連記事