IPOについて学びましょう

IPOについて学ぶ時は、まずIPOとは何なのかを把握すると良いでしょう。
そもそもの語源はInitial public offeringで、頭文字を取って省略しIPOと呼ばれています。
日本語に訳すと新規公開株となり、意味が通りやすくなるでしょう。
一般的にはIPOと呼ばれる事の方が多く、新規公開株の名称はそれほど多く使われる訳ではありません。

証券取引所では様々な企業が自社の株式を上場させています。
しかし、株式の上場は義務ではありませんから、全ての企業が株式を上場させる訳ではありません。
未上場の企業が何らかの理由で株式を上場させる判断をした際、新しく上場する為に用意される株式がIPOになります。

IPOには企業が発行して公募するものと、投資家が売却するものとの二通りがあります。
IPOに投資するには、どちらかの形で上場される株式を購入する事になるでしょう。
どちらの場合であっても、証券取引所に上場する前に購入できる事が特徴です。
投資家が利益を上げる為には、この仕組みを上手く利用して他の投資家よりも早くIPOを取得し、上場日に売却する形で利益を上げるのが基本になります。

ただし、IPOは購入を希望する投資家全員が購入できるとは限りません。
どのIPOも購入希望者が多いので、購入する方を抽選で選ぶからです。IPOの上場予定がある場合、投資家向けの情報が告知されます。
何月何日にどこの企業からIPOが公開され公募価格が幾らであるか、購入申し込みの期間はいつまでか等の詳細な情報も公開されるでしょう。

証券取引所にIPOを上場する企業の目論見書等も公開されるので、情報を元に購入するかを見極める形になります。
有望なIPOが有る場合は需要申し込みをして、抽選に当選すれば購入できるでしょう。

IPOは投資家の注目を集めており、多くの銘柄で初値が高くつきやすいという特徴があります。
抽選に当選しやすくなる方法を駆使する事で、より多くの購入機会を得られるでしょう。
IPOで利益を上げるには、当選のチャンスを逃さず利用する事が大切です。

IPOの当選確率を上げる裏ワザを身に付ける

IPOへの投資に慣れている投資家は、当選確率を上げる為に様々な裏ワザを利用しています。
例えば、抽選に申し込む数を増やすと結果的に当選しやすい状況を作り出せるでしょう。
具体的な方法としては、有望な証券口座を複数開設しておくのが有効です。

例えば、家族で株式投資を行っている方なら、家族それぞれが複数の証券口座を開設しておく事が有効です。
家族という単位で見れば結果的に数多くの口座を開設している状態になり、一つのIPOに多くの抽選申し込みができます。
特に注目を集めている銘柄が上場する場合等、チャンスを逃したくない場合に有効な方法です。
公募価格に対して初値が上りやすい銘柄に上手く当選するには、この裏技で当選確率を高めておくと良いでしょう。

また、有利な抽選方法が採用されている証券口座を開設しておく事も裏ワザの一つです。
例えば、ポイント制を採用していて貯めたポイントの多い方から当選する条件の証券口座があります。
ポイントを貯めれば貯めるほど当選しやすくなり有利ですので、積極的にポイントを貯めてここぞというタイミングで利用すると良いでしょう。

資産が多いのであれば、資産額が多いほど当選しやすい抽選方法を採用している条件の証券口座の開設が有効です。
比較的資産額が少ないのであれば、資産額に関係無く平等な抽選が行われる証券口座を開設しておくと良いでしょう。

証券口座は一つだけに絞る義務はありません。
有望な証券口座は事前に開設しておき、初値の高まりそうなIPOが公募された時にチャンスを逃さず当選できるように準備しておきましょう。
同じ銘柄でも証券口座によって公募期間がずれている場合もあるので、同じ銘柄に複数の抽選申し込みをするという事も可能です。
複数開設の工夫を上手くできれば当選確率は高まるので、できる限りの手を尽くしておきましょう。

関連記事